<< マスターのために! 武装神姫感想! | main | UFZ出動せよ! ゼロファイト2四話感想! >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.08.04 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    天の道を行き総てを司る 仮面ライダーカブト小説感想!

    0

      小説カブト編の感想です。

      基本的にはテレビ版の流れをそのまま小説に書き起こしている感じです。最初に始めてカブトに変身した物語。次にワームとの最終決戦。そして最後が戦いの後の話となっています。


      とにかく懐かしいメンバーの活躍が文字とはいえ見られるのは嬉しいですね。読んでいるとその光景が頭に浮かんできます。
      基本的にテレビの流れを踏襲しているので、それほど目だった新発見のようなものはありません。渋谷隕石でどのようにして天道がベルトを手に入れたかはよく分かるようになっていました。少し流れが変わっていたり、登場人物の内面は掘り起こされたりしています。テレビ版の再構築という言い方がふさわしいかもしれません。特にネイティブ側と加賀美に関してはより深く掘り下げられているように感じました。そして天道は相変わらず謎ですw
      そしてその後の話では加賀美を主人公に旅立ったひよりを追いかける話になっています。加賀美が多くのことを経験し、いrんなことを学ぶ話となっています。少し宗教的なところもあり、また戦闘シーンはあまりないですが、感慨深い話にはなっていました。

      今回は天道よりも加賀美が主人公という風に感じます。熱血主人公がどのようにして道を切り開くか、それを扱っているように思いました。ただ、そこで天道がくると総て持っていってしまう感じはありましたが・・・w
      「おばあちゃんが言っていた・・・」のセリフだけで安心感がある天道と加賀美に再びあえます!


      スポンサーサイト

      0
        • 2014.08.04 Monday
        • -
        • 22:03
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM