<< キョウリュウジャーついにキャスト判明!(ネタバレ) | main | マスターのために! 武装神姫感想! >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.08.04 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    今名づけよう・・・僕は・・・仮面ライダーサイクロンだ・・・ 仮面ライダーW小説感想! 

    0
       Wの小説はテレビと同じように前編後編という形をとっていました。

      主人公はフィリップ。翔太郎は出番自体は少ないですが、きっちりいいところは持っていきます。
      時間軸的にはBとYの間。32話と33話の間の話となっています。
      フィリップが依頼主への対抗心で左翔太郎を名乗ります。エクストリームを手に入れていることからかなり人間的な感情が戻ってきてはいますが、珍しい感じがします。また基本的にフィリップの一人称で物語は書かれているので、フィリップの癖など細かいところから、感情を表に出すことが少ないフィリップが何を想い、何を考え行動しているのかがよくわかります。

      小説ということである程度自由な表現が出来るので、テレビ版に比べると少し突っ込んだ表現や設定があるように感じました。また組織が大きく関わってくることや、テレビ版やOVに繋がる設定が多く出てきます。見ている人はにやりとできる流れです。
      またフィリップがどれだけ翔太郎を信頼しているのか、翔太郎に助けられているのかということも今回ではよく描写されていました。

      そしてついにフィリップ単独変身である仮面ライダーサイクロン!全身が緑の仮面ライダーであり、サイクロンメモリの知られざる能力が判明します。また必殺技は手刀。翔太郎がダウンしているので名づけ親がおらず名無しの技にはなってしまいましたが、フィリップのイメージ的には合っているのではないでしょうか?冷静なフィリップとクールなサイクロンというのはぴったりあっているように感じました。
      何らかの形で映像作品への登場を期待したいですね!

      スポンサーサイト

      0
        • 2014.08.04 Monday
        • -
        • 21:53
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << July 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM